トップ > 山本山 海苔弁の作り方

ワンランクアップする海苔弁の作り方

ほかほかごはんにそのままのせたり、
おにぎりにしたり。
「海苔」と「ごはん」は最高の組み合わせです。

温かいごはんとの相性も良いのですが、
冷めた時により美味しくなるのは「海苔弁当」。
白いごはんにしっとりなじむ、
風味豊かな海苔の味わい。
毎日のお弁当に、山登りなど行楽のお楽しみに。
海苔弁の出番が増えればいいなと思っています。

そこでご提案。
いつもの海苔弁をワンランクアップさせるコツを
ご紹介します。

美味しい「海苔重」を提供
山本山『ふじヱ茶房』にプロのコツを聞いてみました

山本山が運営する日本茶専門店『ふじヱ茶房』では、
本格的な「海苔重」のご提供をしています。

焼海苔のグレード
にほんばし」「あさくさ」「やまもとやま」に応じ、
3種類を用意する山本山の「海苔重」。
海苔の風味や味わいを存分に楽しんでいただくため、
海苔とごはん以外の具材は
別のお皿に盛り付けています。

山本山の海苔重

3段重ねのうち、中段と下段は焼海苔をのせ、
自家製醤油だれで味付けを。
最上段は、通常の海苔より香りが濃い
「ばら干し海苔」をたっぷりのせています。

さらに、ばら干し海苔には
ひとつまみの塩を仕上げにかけて。
下の段とはまた異なる味の変化をつけています。

究極にシンプルだけれど、
材料にも作り方にもこだわった「海苔重」。
でも、家庭で再現するには少し難しいですよね。

そこで『ふじヱ茶房』の料理長に聞いた
「美味しい海苔弁の作り方」を踏まえて、
実際に作ってみたいと思います。

プロが教える
「美味しい海苔弁」レシピ

材料

今回は女性が食べる分としてちょうど良い、
500mlの曲げわっぱを使います。
男性や育ち盛りのお子さん用の場合は、
680~750mlサイズ程度がおすすめです。
『ふじヱ茶房』のような3段は作るのが少し難しいため、
一般的な2段構成で挑戦しましょう。

下段

海苔は下段に「やきのり」を使います。
今回のお弁当箱のサイズなら、板海苔半分で足ります。
上下段とも「やきのり」にする場合は、
板海苔1枚を用意しましょう。

下段のやきのり

上段

上段の「ばら干し海苔」は入手しにくいため、
「焼もみのり」で代用します。
もちろん、「やきのり」「焼もみのり」
どちらかだけでも構いません。
上下段とも「焼もみのり」にする場合は、
倍量をご用意ください。

上段の焼もみのり

タレ

タレは山本山×にんべんが作った
「海苔鰹つゆ」を使います。
海苔と鰹の風味がタレでもプラスされ、
より豊かな味わいの海苔弁に仕上がります。
海苔弁のおともである、鰹節の”おかか”も不要です。
「海苔鰹つゆ」は少し濃い目なので、
お好みの濃さに希釈してください。
目安はつゆ1:水3程度です。
そのほか、市販のめんつゆ2:水1程度で作っても
美味しくできます。

タレの海苔鰹つゆ

作り方:1 板海苔をカットする

板海苔のカット

まずは、食べやすい大きさに板海苔をカットします。
「海苔弁は箸を入れて食べようとすると、海苔が全部はがれてしまう」
というようなお悩みも、こうすることで解消できます。

海苔とおろし金

海苔を切らずに使う場合は、おろし金でひと工夫。
海苔をギュッと押し当てると海苔の間に切れ目ができるので、同じように食べやすくなります。

作り方:2 お弁当箱に
ご飯を敷き詰める

ご飯を敷き詰める

まずはお茶碗半分のご飯を敷き詰めます。

作り方:3 海苔にめんつゆを浸し、
ごはんにのせていく

海苔を海苔鰹つゆに浸してご飯の上にのせていく

先ほどカットした海苔を海苔鰹つゆにサッと浸し、ごはんの上にのせていきます。
海苔鰹つゆ」ではなくめんつゆを使う場合は、ご飯と海苔の間に鰹節や昆布をのせても良いですね。

お弁当のきわに海苔を置いていく

ごはんの上に置いた海苔は、時間が経つと縮みます。
お弁当箱のきわにかぶせるように海苔を置いていくのがポイントです。

海苔の置き方

最初はお弁当のまわりを海苔で囲むように、最後は中央を埋めるように置く。
すると、出来上がりが格段に美しくなります。

下段完成

下段が完成しました!
続いて上段を作っていきましょう。

作り方:4 ごはんを敷き詰め、
「焼きもみのり」をのせる

ご飯を敷き詰め、「焼きもみのり」をのせる

残りのごはんを同じように敷き詰めたら、「焼もみのり」を隙間なく埋めていきましょう。

仕上げに塩を振る

仕上げに、お好みで塩をパラパラと振ったら出来上がりです。

出来立ての「海苔弁」

こちらが出来立ての「海苔弁」。
少し時間を置くと海苔がなじみ、ごはんにしっかりと味が染み込みます。
このまま食べても十分美味しいのですが、もしおかずを合わせるなら、どんな具材が良いのでしょうか。

付け合わせのおかずを選ぶコツ

定番や人気のおかずはやはり
「鮭の塩焼き」や「ちくわの磯辺揚げ」、
「ひじき煮」や「きんぴらごぼう」ですね。
海苔弁の上におかずをのせれば、
上段の海苔がお弁当のフタに付いてしまう悩みも
解消できます。

先ほどご紹介した『ふじヱ茶房』の「海苔重」は、
別盛りで3種類の日替わりおかずをつけています。
お店に伺ったその日は、
左から「酢の物」「炙った明太子」「れんこんきんぴら」。
またある日は、
「ほうれん草の胡麻和え」「ナムル」「梅干し」
といった日もあるそう。

『ふじヱ茶房』の料理長は、
付け合わせのおかずを選ぶポイントとして、
「ピリ辛や塩気のあるもの、
甘みのあるものなど、味や食感で変化を楽しめる具材」を
選ぶようにしているのだそうです。

例えば、ほぐした鮭と、
ほんのり甘いそぼろ卵を使った
「そぼろ海苔弁」はいかがでしょう。
少し塩気の効いた漬物をのせると、
味の違いも食感も楽しめます。

このほかにも、チキンソテーや青菜のからし和え、
サッと作った野菜の塩もみや、さつまいもの甘煮など。
組み合わせ次第で
バリエーション豊かな海苔弁ができそうですね。

誰からも喜ばれる「美味しい海苔弁」。
ぜひ作ってみてください

子どもから大人まで
昔から愛されてきた手作りの「海苔弁当」。
この方法ならより一層、
海苔とごはんの美味しさが引き立ちます。
ぜひ上記の、のり弁レシピを参考に
作ってみてくださいね。

海苔の商品ページ一覧へ
ページトップへ