トップ > 山本山 お中元2019 夏の贈り物

令和元年 夏の贈り物 お中元

山本山で人気のギフトBEST6

  • No.1

    バラエティ海苔詰合せ

    バラエティ海苔
    詰合せ

    3,240円(税込)

    色々な味が楽しめる大人気のセットです。
    おつまみやおやつにもおすすめです。

  • No.2

    「やまもとやま」海苔詰合せ

    「やまもとやま」海苔詰合せ

    3,240円(税込)

    半切と8切のサイズの違う焼海苔を詰合せた、使いやすいと評判のセットです。

  • No.3

    「あさくさ」海苔詰合せ

    「あさくさ」海苔
    詰合せ

    5,400円(税込)

    8切サイズの焼海苔・味付海苔の詰め合わせ。
    贅沢な海苔の味をお楽しみいただけます。

  • No.4

    「やまもとやま」海苔詰合せ

    「やまもとやま」海苔詰合せ

    5,400円(税込)

    半切と8切の味付海苔と焼海苔のセット。やまもとやまブランドをお楽しみいただけるギフトです。

  • No.5

    銘茶詰合せ

    銘茶詰合せ

    5,400円(税込)

    合組(ブレンド茶)と宇治、かけがわのお茶セット。高級感のある缶入り茶葉はギフトにぴったりです。

  • No.6

    「かける」の4本セット

    「かける」の4本セット

    3,240円(税込)

    海苔鰹つゆ、野菜ドレッシング、海苔鰹ふりかけ、海苔野菜ふりかけの4点セット。海苔と鰹にこだわったにんべんとの共同開発商品です。

山本山おすすめギフト

  • あさくさ

    あさくさ

    伝統の心に磨き上げられた海苔「あさくさ」。
    有明海産の厳選された原料を上品な風味に焼き上げました。
    柔らか口どけと海苔本来の味わいが楽しめます。

  • やまもとやま

    やまもとやま

    有明海産の中でも上質な海苔を使用した「やまもとやま」。
    海苔本来の旨みが口の中に広がり、香り豊かな味わいが楽しめます。

  • バラエティー海苔

    バラエティー海苔

    焼海苔、味付海苔、わさび、青じそ、ゆず、うめなど色々な味が楽しめます。お子さまにも人気の商品です。

  • のりせんべい

    のりせんべい

    海苔がメインの大人気のりせんべいと、味付風味海苔や焼海苔を詰合せたおすすめ商品。のりせんべい3個セットも人気です。

  • 銘茶詰合せ

    銘茶詰合せ

    産地別や合組(ブレンド茶)、玉露など山本山が自信をもってお届けするそれぞれのお茶をお楽しみいただけます。

  • のりせんべい

    かけるシリーズ

    山本山の海苔と、にんべんの鰹だしをふんだんに使った、かけるシリーズです。上質な味わいはいつもの料理を華やかに仕上げます。

組合せ「選べるギフト」

お中元とは

お中元は夏のご挨拶とも言われ、日頃からお世話になっている方への感謝の気持ちと健康を願って贈り物をする日本の習慣です。贈る時期は地域によって異なりますが、東日本では7月上旬~15日まで、西日本では7月中旬~8月15日までが一般的です。

お中元とは

お中元の由来

「 中元」とはそもそも、7月15日のことを指します。
ルーツは、むかし中国の三大宗教の一つである道教が1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を『下元』と呼び、それらをまとめて三元ととして祝う習慣がありました。

そのうち7月15日の「中元」が、仏教の「盂蘭盆会」(うらぼんえ=お盆・祖先の霊を供養する行事)と重なっていたため、この「中元」と「盂蘭盆会」が交ざりあって、日本に伝わったのが盆の贈答品であるお中元の始まりといわれています。
江戸時代になるとお盆の時期には「盆供」と呼ばれる先祖への供物と共に、商い先やお世話になった方へ贈り物を渡すようになり、この習慣をお中元と呼ぶようになりました。

皆さまも日頃の感謝の気持ちを込めて夏のギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。

熨斗について

内のしの場合

化粧箱に直接のしをおかけし、その上から包装紙でお包みいたします。

内のしの場合

外のしの場合

化粧箱を包装紙で包み、その上からのしをおかけいたします。

外のしの場合
ページトップへ