トップ > 海苔の美味しい保存の仕方
海苔の美味しい保存の仕方

「おすすめの海苔の保存方法とは?」

缶を開けると、ふんわり漂う磯の香り。
海苔の醍醐味はやはりこの香ばしさ、
そして「パリッ」とした食感ではないでしょうか。
できるならいつまでも、開けたての美味しさを保ちたい。
そこで山本山がご提案。
おすすめの保存法をお知らせいたします。

開封後は缶から出して
保存しましょう。

例えば、こちらの「バラエティー海苔詰め合わせ」。
ふたを開けてもぴったりと密閉されていますが、一度開けるとその効果は失われます。
開封後は袋の中の空気を抜き、密閉された状態で保存するのがベストです。
さらに効果を高めるポイントは3つ。

バラエティー海苔詰合せ

乾燥剤で効果倍増

「バラエティー海苔詰め合わせ」の缶にもともと入っている乾燥剤を、海苔と一緒に袋に入れましょう。
余分な湿気を吸い取ってくれるので、より効果が高まります。
お菓子についてくる乾燥剤を再利用してもいいですね。
新たに購入する場合は100円均一ショップなどで入手できます。

海苔と乾燥材

アルミの袋を有効利用

保存用の袋はアルミタイプを使うと、防湿効果が期待できます。
現在はこうしたアルミ製のジッパー式保存袋も販売されています。
ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

海苔と乾燥材を袋に保存

冷蔵庫で保存する

海苔は品質を保つためにも、冷蔵庫での保存がおすすめです。
食べる時は冷蔵庫から保存袋を出し、常温になるまで待ってから海苔を取り出しましょう。
この方法なら湿気もしにくく、美味しく食べられます。

冷蔵庫

賞味期限は
「開封前」の場合を明記

ちなみに、缶底にある賞味期限は開封前のものです。
開封後はなるべく早く召し上がってくださいね。

缶底
海苔を長持ちさせるコツ 海苔とは食事に香ばしさを足す名脇役なり

これは山本山が掲げる
『海苔を味わい尽くす七か条』のひとつです。

海苔を味わい尽くす七か条 海苔の商品ページ一覧へ
ページトップへ