トップ > お茶のこと

伝統あるお茶を
いただく

煎茶が普及して300年余り、
山本山は日本全国に広がる
茶産地とともに歩み続けてきました。
各地のそれぞれの土地の味わいが、
お茶の甘みや渋みの中に表れます。
貴方好みの産地の味わいを、
山本山のお茶で
ぜひ発見してください。

厳選された茶葉

各産地から厳選して
選ばれた茶葉を
ご紹介いたします。

お茶の作り方

一、新芽
冬の間、根はゆっくり休み、栄養成分を根からどんどん吸い上げ茶葉(新芽)に蓄えます。こうして出てきた新芽は爽やかな香りとみずみずしい旨味成分をたっぷりと含んだ新茶となります。
二、蒸熱
摘採された生葉の酸化酵素の働きを止め、独特の青臭さを除き緑茶特有の香味を発生させ、短時間にむらなく蒸して乾燥させます。普通煎茶で30~50秒、深蒸し煎茶で60~90秒の蒸し時間です。
三、粗揉
茶葉内部の水分を低下させるため、約100℃の熱風を送りながら攪拌。適度に摩擦・圧迫を加えながら揉みます。茶葉の水分を均一にして乾かすための第一段階です。
四、揉捻
粗揉工程でのもみ不足を補います。茶葉をひと塊にして加熱せず圧力を加えて揉み、茶葉の水分を均一にするために乾燥させていきます。
五、中揉
揉捻後の茶葉には水分含有量がまだ多いため、再び乾燥した熱風を送り攪拌しながら揉みます。茶葉を次の精揉工程で整形しやすいように乾燥させます。
六、精揉
この工程は、茶葉に重圧を加えつつ揉盤上を前後に往復転動させて細く伸直に整形していきます。この工程によって煎茶特有の形状と香味が生成されます。
七、乾燥
精揉によって形状が整った茶葉は、さらに乾燥させて貯蔵に耐えられる含水率5~6%前後になるまで乾燥させます。こうしてできたものを荒茶といいます。
八、荒茶・仕上げ
各茶産地の製茶工場で、生葉から上記のような数々の工程を経て乾燥工程の段階まで加工されたお茶を荒茶といいます。荒茶のままでは形が不揃いで、商品としては見栄えが悪いので、茎や粉、柳(大きい葉)などを選別し、美味しいお茶に仕上げます。
九、選別
静電気によって荒茶の中の茎茶を取り除く工程です。
十、火入れ
荒茶のままでは水分も多く常温では長く保存できませんので、長期間貯蔵に耐えられるように、また商品価値および香味を向上させるために火入れ作業(乾燥)を行い、含水率を約2 ~ 3% までにします。
十一、組合・袋詰
仕上・選別・火入作業によって仕上げられた様々な産地のお茶をこの合組機を使って合組(ブレンド)して味を均一にします。合組機でブレンドされたお茶は製品として出荷されるために袋詰めされます。
ページトップへ