トップ > 山本山のこと

連綿と、
江戸から現代の味へ

山本山は元禄三年(1690)に、
煎茶商として日本橋の地に創業したと伝えられています。
美味しいものを召し上がってほしい。
そんな気持ちで300年以上、
健康で貴重なものを安価にお分けするために、
継続と革新を続けてきました。
山本山が扱う「お茶」や「海苔」は、
決して派手な食材ではなく、
日本の食事にとっては脇役かもしれません。
だからこそ、あなたの味の基盤となる名脇役でありたい。
本物の日本の美味しさをお分けしたいと願っています。
江戸の文化と味を未来につなぐ。
それが私たちの想いです。
次の300年に向かう山本山を、
よろしくお願い申し上げます。

山本山の歴史

300年以上、
お茶を販売し続けた
山本山の軌跡

一、
元禄三年(1690)
からつづく歩み。

元禄三年、私たちは日本最古の煎茶商として創業したと伝えられております。永谷宗円(現在の永谷園の創業者)によって煎茶が発明され、それを最初に販売したのが山本嘉兵衛商店(現在の山本山)であったと、明治期の茶業通鑑に記されております。以来、脈々と煎茶の味を広めるべく、茶業を続けてまいりました。

二、
脈々と受け継いできた
伝統と革新

伝統を続けるとは変わり続けること。山本山は不易流行を重んじ、伝統を守りながら時代とともに新しい息吹を商品に吹き込んできました。初代による煎茶・六代による玉露・九代による海外展開など、伝統を守りながら今も革新を次世代に繋いでいます。

三、
江戸の
海苔のおはなし

江戸期に至るまで、海苔は庶民には手の届かない高級品でした。浅草のあたりで海苔が養殖できることが発見され、和紙の技術を応用して、現在のようなシート型の海苔が誕生し、後にあさくさのりと呼ばれるようになりました。山本山は江戸の当時、茶業のほかに和紙をつくることが生業でした。紙から海苔に変わっても、扱う技術と精神を受け継いでいます。

四、
一手間を尽くす
おもてなしの心

山本山が扱うお茶や海苔は、当たり前のように日本食の中にあるもの。それだけに、一手間の違いが最も出やすい食材なのです。熱湯をポットから注ぐのが当たり前の現代で、丁寧に温度を冷ましたお湯で入れる煎茶は格別です。一手間を惜しまず、相手のために尽くすこと。それが江戸の商家としての私たちのおもてなしの心です。

五、
日本の文化を
次世代にとどける

そして2018年、山本山は多くの方々にお茶や海苔をより知ってもらい、より味わってもらいたいという想いの下、これからもクオリティを追求し江戸の文化と味をお届けしていきます。
次の300年に向かう山本山を、何卒よろしくお願いいたします。

ページトップへ