トップ > 山本山会社案内 | 山本山の歴史

山本山の歴史

歴史年表

元禄3年4月(1690)
初代嘉兵衛(山本氏)江戸出店、茶・紙類を商う
元文3年6月(1738)
山城国宇治田原郷湯屋谷の住人永谷宗七郎、青製の煎茶製造に成功
山本嘉兵衛その上品なるを認め、「天下一」の号を附して市販する
天明7年 春(1787)
日本橋二丁目都竜軒山本嘉兵衛、茶所として引札を出す
文化13年(1816)
この頃、山本家定目成る。一橋卿・幕府本丸御用茶師となる
文政13年(1830)
西御本丸・東叡山・御三卿(田安・一橋・清水)御茶御用を勤める
天保6年 春(1835)
六代嘉兵衛徳翁、宇治郷小倉の木下家において玉露茶を発明する
この正月「煎茶小述」発行(徳潤著)
弘化3年正月15日(1846)
本郷丸山火事。白木屋と共に類焼
嘉永元年(1848)
「煎茶手引之種」(徳潤著)発行
安政2年 夏(1855)
「狂歌茶器財集」(徳翁著)発行
明治18年12月(1885)
東京府庁より茶業鑑札第二号を受ける
明治42年5月(1909)
「山本山」一斤(百六十匁)五十銭売、一日小売二千斤(約1200kg)と伝える
大正12年9月1日(1923)
関東大震災、倉庫七棟と共に全焼・深川支店も全焼
昭和16年5月(1941)
法人組織に改組。資本金三百万円・株式会社山本山と称す
昭和20年3月(1945)
東京大空襲・全焼
昭和21年10月(1946)
日本橋に二階建て店舗を建設
昭和22年(1947)
海苔の販売開始
昭和26年5月(1951)
山本山ビルディング建設
昭和35年5月(1960)
東京第一工場建設
昭和37年7月(1962)
第二山本山ビルディング建設
昭和37年10月(1962)
山本邦一郎 代表取締役社長に就任
昭和38年5月(1963)
「日本茶ティーバッグ」発売
昭和41年(1966)
静岡工場建設
昭和45年(1970)
福岡支店・大阪支店・札幌支店・名古屋営業所 開設
昭和45年10月(1970)
ブラジル・サンパウロ州 現地法人設立
昭和48年(1973)
熊本工場建設
昭和50年9月(1975)
アメリカ・ロサンゼルス 現地法人設立
平成元年6月(1989)
仙台営業所 開設
平成2年3月(1990)
山本邦一郎 九代嘉兵衛襲名
平成2年5月(1990)
創業300年記念式典開催
平成10年7月(1998)
山本山ウェブサイト「心」開局
平成17年4月(2005)
山本山ウェブサイトリニューアル 通信販売開始
平成20年4月(2008)
山本嘉兵衛 代表取締役会長に就任
平成20年4月(2008)
山本嘉一郎 代表取締役社長に就任
東海道五十三次 煎茶小述 狂歌茶器財集 昭和14年頃の茶園風景 昭和24年頃の日本橋店 現在の日本橋店
ページトップへ